ここから本文です

ピース・又吉原作のドラマ「火花」がギャラクシー賞2冠 林遣都「役者人生の誇り」

デイリースポーツ 5/19(金) 17:54配信

 ピース・又吉直樹(36)の芥川賞受賞作をドラマ化した「火花」が第54回ギャラクシー賞でテレビ部門「フロンティア賞」と「奨励賞」を受賞し、主演の林遣都(26)と共演の波岡一喜(38)が19日、喜びのコメントを発表した。

【写真】板尾創路「火花」映画化は又吉から「預かった」

 主人公の売れない若手芸人・徳永を演じた林は「『火花』に携わった期間、本当に多くのスタッフ、キャスト、全ての方々と細部にこだわって作り上げた想いが伝わったと思っております。そしてこの作品は自分の役者人生の誇りになりました」と胸を張った。

 徳永が尊敬する先輩芸人・神谷を演じた波岡は「火花は僕の財産です。この作品に関われた事、そしてこの作品に関わってる全ての人達に感謝したいです」と神妙に語った。

最終更新:5/19(金) 17:59

デイリースポーツ