ここから本文です

早川は3位決定戦へ=アーチェリーW杯

時事通信 5/19(金) 17:32配信

 アーチェリーのワールドカップ(W杯)は19日、上海でリカーブ個人戦が行われ、女子の早川漣(V・ファーレン長崎)は準決勝で敗れて3位決定戦に回った。川中香緒里(ミキハウス)は準々決勝、杉本智美(同)は4回戦で敗れた。男子の古川高晴(近大職)は4回戦で姿を消した。

 18日に行われたリカーブ団体の日本は、男子(古川、杉尾、菊地)が準決勝でカザフスタンに4―5で敗れ、3位決定戦に回った。女子(川中、早川、中村)は準々決勝で米国に0―6で敗れた。 

最終更新:5/19(金) 17:35

時事通信