ここから本文です

「客取り」ご注意!入店後トラブル 警視庁初、偽計業務妨害容疑で逮捕

産経新聞 5/19(金) 7:55配信

 ■大手居酒屋店員名乗り「満席です。系列店へ」→実は無関係

 客引きが大手居酒屋店の店員を名乗り、来客に対して「ここは満席です」と偽った上、全く関係ない店に連れて行く“客取り”行為が目立ち始めている。連れて行く際には、自分の店のロゴと大手店のロゴを勝手に並べたカードを示して「系列店だ」と言って信じ込ませるが、サービスや価格設定が悪く、入店後にトラブルになるケースも少なくない。警視庁は18日、客引きに対して偽計業務妨害容疑を初適用し、客取りの男を逮捕したと発表。捜査を本格化している。

 「ご利用ですか? 確認します」「満席みたいですね。系列店にご案内しますよ」。警視庁新宿署が同容疑で15日に逮捕した男(25)=送検後の18日夜に釈放=は4月20日夜、東京・新宿の大手チェーン居酒屋が入るビルの前で、来店しようとした6人組にこう持ちかけ、全く関係ない店に連れて行った。

 6人が入店したのは、中国人が経営する近くの九州料理店。男は「2時間1200円で飲み放題」などと説明したが、サービス料などを取られ、結局安くはなかったという。店員に文句を言うと、「客引きは店と関係ない」。ただ同署によると、男も店に出入りしており、「月に40万円くらいもらった」と話しているという。

 この九州料理店を口コミサイト「食べログ」で調べると、投稿された口コミ3件のうち2件で1点台が付いていた。「安くないのに少量でまずい」「清潔感もない」「店員はなかなかこない」など散々だ。

 こうした客取りは多くの繁華街で問題になっている。産経新聞が関係者から入手した客引きが持つカードには、大手店のロゴが並び、客引きと関係のある2店舗のロゴも紛れていた。

 似たようなカードは男も持っていた。関係者によると、このカードをちらつかせながら大手店を名乗り、「サービスできます」と客に近づくケースもあるようだ。その後は無線で大手店と連絡を取るしぐさをして、「満席なので系列に案内する」と自分の店に誘い込む。

 対策に力を入れている豊島区の指定指導員は「池袋地区の悪質な客引きが減ったら名前を使われていた大手店の売り上げが3割から1割ほど上がった」と話す。

 指導員は「客引きをする店は粗悪な店。絶対に付いていかないで」と呼びかけている。

最終更新:5/19(金) 8:30

産経新聞