ここから本文です

ゴンザガ大・八村塁 充実の1年目を振り返り「NBAに近づいた」

スポニチアネックス 5/19(金) 13:58配信

 バスケットボール男子のNCAAトーナメント(全米大学選手権)で準優勝したゴンザガ大1年の八村塁(19)が19日、都内で会見した。日本人として初めてNCAAトーナメントに出場するなど控えメンバーとして活躍した1年目を振り返り、「決勝に行くような高いレベルのチームで毎日練習して自信がつきました。夢のNBAに近づいてきていると思います」と充実感をにじませた。

 ベナン人の父を持ち、宮城・明成高時代から身体能力を生かしたプレーが注目されてきた。米国ではアウトサイドのプレーにも磨きがかかり「身体能力は図抜けているわけではないけれど、米国でも抜けていると言われる。自分の体を使って強くドライブに行くことを学べた。でかい人とプレーすることに自信がついた」と手応えをつかんだ。

 今回はU―19日本代表候補合宿に参加するため、16日に帰国。7月のU―19W杯(カイロ)に向けて「日本のバスケがどれだけ凄いか、世界に見せたい」と力強く語った。

最終更新:5/19(金) 14:01

スポニチアネックス