ここから本文です

【横浜M】仙台戦へモンバエルツ監督「いかに裏を取ることができるかが大事」

スポーツ報知 5/19(金) 16:23配信

 横浜Mは19日、横浜市内で仙台戦(20日、日産ス)に向けた最終調整を行った。

 チームは3戦連続無得点の長いトンネルから前節・甲府戦(1〇0)で抜け出した。現在は9位ながら首位・浦和との勝ち点差は6ポイントとなっており、上位争いに生き残るために重要な一戦となる。

 ホームでの仙台戦は、昨年の開幕戦で敗れるなど現在8戦連続勝利なし(3分け5敗)と苦戦している。エリク・モンバエルツ監督(62)は「(仙台は)5―4―1の守備ブロックで臨むことが想定される。相手はプレッシャーをあまりかけてこない。ある程度ビルドアップは自由にできるはず。その中でいかに固いブロックの裏を取ることができるかが大事になる」と展望した。

 また、前節の甲府戦で後半終了間際に投入され、好機を演出したMF前田直輝(22)の先発起用も示唆。「ダビド(バブンスキー、23)はボールを持った時に高い能力を発揮できる選手。一方で直輝はボールを持っていない時にモビリティー(俊敏性)や裏への抜け出しなどを発揮することができる」と話した。前田は「トップ下は去年も経験しているし監督から求められていることはわかる。間違いなく得点は狙っています」と意気込んだ。

 マリノスの予想スタメンは以下の通り

 ◇GK
 飯倉大樹

 ◇DF
 松原健、中沢佑二、ミロシュ・デゲネク、金井貢史

 ◇MF
 喜田拓也、天野純、前田直輝、マルティノス、斎藤学

 ◇FW
 伊藤翔

最終更新:5/19(金) 19:03

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合