ここから本文です

八村「すごく自信ついた」=米留学から一時帰国―バスケット男子

時事通信 5/19(金) 17:54配信

 バスケットボール男子の全米大学選手権で準優勝したゴンザガ大1年の八村塁(19)が19日、東京都内で帰国記者会見に臨み、「決勝にいくようなチームの中で毎日練習してきたので、すごく自信がついた」と渡米1年目を振り返った。

 身長202センチでベナン出身の父を持つ八村は、宮城・明成高を全国高校選抜優勝大会3連覇に導いた。米国でも着実な成長を実感しており、「夢のNBA(米プロ協会)に近づいていると毎年思う」。2020年東京五輪に向けた世代の中心選手としても期待が大きく、「日本のバスケットのためになるよう、しっかり自分のプレーをしたい」と語った。 

最終更新:5/19(金) 18:00

時事通信