ここから本文です

西本願寺の唐門、34年ぶり開門へ 修復前に1日限り

朝日新聞デジタル 5/19(金) 23:13配信

 世界遺産・西本願寺(京都市下京区)の国宝「唐門(からもん)」が34年ぶりに1日だけ開けられる。豪華な彫刻が施されているのが特徴で、見ていると日が暮れるのも忘れるほど美しいとして「日暮らし門」とも呼ばれている。開門は21日。

【写真】西本願寺の国宝・唐門。様々な彫刻が施されている=京都市下京区

 高さ8・67メートル、幅5・37メートル、奥行き4・4メートル。桃山建築の代表作の一つとされ、檜皮(ひわだ)ぶき、唐破風(からはふ)造りの四脚門(しきゃくもん)。寺によると、装飾を傷つけないよう、1983年の儀式で開けられて以降は閉じられたままだった。

 来年6月から2022年3月まで修復工事をするのを前に、宗祖・親鸞の誕生日に合わせて特別に開門することになった。

 21日午前9時~午後5時で、参拝客が通れるのは午後1時まで。問い合わせは西本願寺(075・371・5181)。(大村治郎)

朝日新聞社

最終更新:5/19(金) 23:13

朝日新聞デジタル