ここから本文です

Astell&Kernのプレーヤー「KANN」Eos Blueは6月2日発売。約13万円

Impress Watch 5/19(金) 17:00配信

 アユートは、iriver Astell&Kernブランドの新ハイレゾプレーヤー「KANN」(カン)のEos Blue(AK-KANN-64GB-BLU)を6月2日に発売する。価格はオープンプライス。直販価格は129,980円(税込)。

【この記事に関する別の画像を見る】

 強力なヘッドフォンアンプを備えたハイレゾプレーヤー。オーディオの楽しみ方の幅を広げるモデルと位置づけられている。19日からAstro Silver(AK-KANN-64GB-SLV)が先に発売されており、Eos Blueの発売によりKANNのカラーバリエーションが出揃う形となる。

 カラー以外はAstro Silverと共通。DACは旭化成エレクトロニクス「AK4490」をシングルで搭載。DSD 11.2MHzまでのネイティブ再生、PCMは382kHz/32bitまで再生できる。内蔵メモリは64GBで、256GBまでのmicroSDカード用スロットと、512GBまで対応するSDカード用スロットも装備。

 ヘッドフォン出力は3.5mmのアンバランスと、2.5mmのバランスを用意。内蔵ヘッドフォンアンプは、AK300シリーズに取り付ける別売アンプ「AK380AMP」に迫る駆動力を持つ。ヘッドフォン出力の経路から独立した専用のライン出力として、3.5mmアンバランスと2.5mmのバランス出力も各1系統搭載。据置きプレーヤーとしてホームオーディオと接続して楽しむ使い方も想定している。

AV Watch,庄司亮一

最終更新:5/19(金) 17:00

Impress Watch