ここから本文です

ドラマ「天までとどけ」の13人きょうだいは今…四女は年商5億の経営者!

5/19(金) 20:51配信

デイリースポーツ

 1991~99年にTBS系で放送されたドラマ「天までとどけ」で13人きょうだいを演じたうちの9人が19日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」に出演し、年商5億円の会社経営者など、それぞれの近況を明らかにした。

【写真】「天までとどけ」で社長を演じたキャスターが死去していた

 この日の放送で集まった9人の現況は次の通り(敬称略)。

 ▽長男役・高尾晃市(44) 26歳でプロのマジシャンに。

 ▽次男役・河相我聞(41) 俳優で2人の息子を育てるシングルファーザー。

 ▽四男役・須藤公一(39) 俳優で独身。

 ▽六男役・日吉孝明(33) 電気配線会社勤務。3児の父親。

 ▽七男役・蛭田順也(31) 大手企業勤務。

 ▽八男役・中村瑞樹(31) 製造会社勤務。2児の父親。

 ▽次女役・滝沢幸代(39) 主婦。

 ▽四女役・山田飛美(35) 今期見込み年商5億円の人材派遣会社経営。7歳の娘がいる。

 ▽五女役・藤井ひと美(28) テレビ番組のタイムキーパー。

 三男役の俳優・金杉太朗さんは2008年、駅のホームから線路に転落し、5カ月後の同年8月2日に33歳の若さで死去。死の直前の病室で、ドラマ終了後に初めて13人のきょうだい全員が集まったという。

 河相は金杉さんの妻から事故の知らせを受けた時のことを「なんでこれからっていう時に…何とも言えない気持ちになりました」、藤井は病室での姿を「全然違う姿っていうか、やせ細っちゃってて、え、ホントに公平にいちゃん?って思ってビックリして」と回想した。

 金杉さんの事故をきっかけに毎年、両親役の俳優・綿引勝彦(71)、女優・岡江久美子(60)も含む家族全員で集まるようになったという。