ここから本文です

伏兵小野田、一気に浮上=関西オープンゴルフ

時事通信 5/19(金) 19:21配信

 ツアー出場がわずか5試合目の伏兵、小野田が一気に浮上した。前後半とも3連続を含む4バーディーずつを奪い、この日ベストスコアの65をマーク。ツアーで自身初めて首位に立った。

 最終18番のグリーン周辺にカメラマンが増え、自分が撮られていると「ちょっと思った」と笑顔。落ち着いた口調に、初々しさもにじませた。

 51位だった前週の日本プロ選手権ではパットが振るわず、「思い切ってパターを替えてみた」。ピン型から、かまぼこのようなマレット型にし、握りもクロスハンドに。これがはまって、2.5メートルほどのバーディーパットを次々と沈めた。

 静岡県出身。日大時代は東北福祉大の同学年、松山英樹と何度か顔を合わせたが、歯が立たなかったという。「松山の域にたどり着くのは難しいが、頑張る」。25歳の新鋭が目を光らせた。 

最終更新:5/19(金) 19:24

時事通信