ここから本文です

“本能寺の変”の真実に迫る「信長を殺した男」1巻、ゲームとのコラボも

5/19(金) 21:06配信

コミックナタリー

明智憲三郎原案による藤堂裕「信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~」1巻が、本日5月19日に発売された。

【写真】コラボイベント告知バナー(他6枚)

別冊ヤングチャンピオン(秋田書店)にて連載中の同作は、明智光秀の子孫と伝えられる歴史研究家・明智憲三郎による歴史ドキュメント「本能寺の変 431年目の真実」を原案としたコミカライズ作品。「本能寺の変」にまつわる定説を「歴史の真実が書き換えられた」ものとし、“逆賊”の汚名を着せられた光秀が本当はどんな人物であったのかを描く。単行本では原案本に書かれていない新事実も収められた。

なおソーシャルシミュレーションゲーム「100万人の信長の野望」では、単行本の発売を記念したコラボイベントを実施中。マンガに登場するキャラクターがボスや報酬としてゲームに登場する。また単行本にも「100万人の信長の野望」で使える限定シリアルコードが付属。入力すると「信長を殺した男」版の明智光秀がもらえる。

(c)明智憲三郎・藤堂裕(別冊ヤングチャンピオン) (c)2010-2017 コーエーテクモゲームス All rights reserved.