ここから本文です

損保大手、3社とも最高益=台風被害減が寄与

時事通信 5/19(金) 21:00配信

 損害保険大手3グループは19日、2017年3月期連結決算を発表した。台風被害への保険金支払いが減ったことから純利益は3社とも過去最高を更新した。最大手の東京海上ホールディングスは自動車保険も伸び、前期比7.6%増の2738億円となった。

 純利益は、MS&ADインシュアランスグループホールディングスが15.9%増の2104億円で、SOMPOホールディングスが4.3%増の1664億円。台風被害が大幅に減った結果、国内の自然災害関連の保険金支払いは、3社合計で約670億円減の1620億円となった。 

最終更新:5/19(金) 22:29

時事通信