ここから本文です

【甲府】ブラジル人コンビ2戦連続同時先発!アベック弾狙う

スポーツ報知 5/20(土) 7:57配信

 J1ヴァンフォーレ甲府は20日、ホームで17位の広島とのリーグ戦を迎える。19日は山梨県内で最終調整を行い、FWウイルソン(32)とFWドゥドゥ(27)が2試合連続同時先発することが濃厚となった。リーグ戦では今季初の2試合連続無得点と結果を残せていない中、ブラジル人2トップを編成。Wエースがゴールをこじ開け、3試合ぶりの勝利をもたらす。

 いい予感がする。全体練習後にシュートの感覚を確かめたウイルソンは「明日はチャンスがあると思う」と自信を見せた。笑顔でリフティングゲームに興じたドゥドゥも「体の反応が良くなっている」とコンディションの良さを強調した。

 前節(14日)の横浜M戦(0●1)に引き続き、2トップで同時先発することが濃厚となったWエース。ともに負傷の影響もあり、先発から2トップを組むのは今季2試合目。「距離感を意識していこう」と話し合った2人に求められるものは、やはりゴールだ。

 20日の甲府市内は30度を超える暑さも予想される中、先制点がポイントとなる。今季リーグ戦では、先制した試合は3勝2引き分け、逆に先制された試合は1引き分け4敗。「先に決めれば、相手も前に出てくるようになり、カウンターも狙える」とウイルソン。ドゥドゥも「先制点を決めれば、チームが落ち着く」と先行逃げ切りをイメージする。

 FWとしての意地もある。今季、チームの複数得点は、4月2日のホーム・札幌戦(2〇0)のみ。リーグ戦の総得点8は、前節終了時点でワースト2位タイだ。得点者も8人と2得点の選手はまだいない。それだけに、ウイルソンは「FWとして決めたい」。ともに1得点の2人が、アベック弾を達成すれば複数得点にもなるだけに、「完璧ですね。狙っていきます」とドゥドゥも気合を入れ直した。

 現在勝ち点13で13位の甲府に対し、広島は同6の17位とJ2降格圏。下位に沈んでいるが、J1優勝の経験もある相手とあって、「相手を分析しながら、足もとだったり裏を狙ったりを判断していきたい」とウイルソン。しっかりホームで勝ちきり、勝ち点を積み上げる。(古川 浩司)

最終更新:5/20(土) 9:07

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合