ここから本文です

【西武】金子侑が2軍で実戦復帰

スポーツ報知 5/19(金) 23:24配信

 シンスプリント(脛骨=けいこつ=過労性骨膜炎)による右すねの痛みのため、2軍調整中の西武・金子侑司外野手(27)が19日、イースタン・リーグ、楽天戦(利府)で実戦復帰した。「2番・右翼」で先発出場すると、第1打席で中前安打を放ち、坂田の右翼への適時二塁打で生還。第2打席では四球を選び、その後途中交代。1打数1安打だった。

 昇格時期について橋上野手総合コーチは、「けがの状態を見て、その後に技術的なものをみていかないと。(2軍で)実績を出してもらわないといけない。早くても交流戦くらいかな」と見通しを明かした。

 金子侑は、昨季53盗塁で盗塁王を獲得。今季もリードオフマンとして期待され、オープン戦から1、2番打者での起用が続いていたが、同患部の痛みを訴えて3月18日以降の試合を欠場。その後、状態が改善されないことから開幕メンバーからも外れて2軍で治療に専念していた。

最終更新:5/19(金) 23:48

スポーツ報知