ここから本文です

久保3戦連発!CL予選あと1勝

スポーツ報知 5/20(土) 6:05配信

◆ベルギー1部 上位プレーオフ第9節 ゲント5―2ワーレヘム(18日)

 ベルギー1部上位6チームによるプレーオフ(PO)第9節が18日に行われ、ゲントの日本代表FW久保裕也はホームで5―2と快勝したワーレヘム戦にフル出場、4―1の後半38分に得点した。3戦連発で、スイス1部ヤングボーイズから1月に移籍後の16試合で11点目。2アシストも挙げ、4試合ぶりの勝利に貢献した。POは残り1試合でゲントは勝ち点41の3位。同1差で2位のクラブ・ブルージュと敵地で対戦する最終節(21日)に勝てば来季の欧州CL予選出場権を得る。アンデルレヒトは3季ぶり34度目の優勝を決めた。

 久保は後半に圧倒的な存在感を披露した。14分、16分にアシストをマークすると、38分には右足でゴール右隅に流し込んだ。この日は2位クラブ・ブルージュが敗れ、勝ち点差は1に縮まった。来季の欧州CL予選3回戦から出場できる権利を懸けた最終戦ではアウェーで直接対決。「ブルージュには行ったことがないから、本当に楽しみ」と目を輝かせた。

 POに入って全9戦でフル出場し、上位6チームでは最多の6ゴール。14日の前節(1△1・シャルルロワ)でPKを任せられるほど、チーム内で信頼を得ている。今季のクラブ年間MVP投票でもGKカリニッチに次ぐ2位。3月12日に4人抜きのドリブルで決めたメヘレン戦の得点は、年間最優秀ゴールの候補にもなった。レギュラーシーズンを4位で終えたゲントに、久保がCL本戦への挑戦権をもたらせるか。

最終更新:5/20(土) 6:31

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報