ここから本文です

早実・清宮、17歳有終V飾る!

スポーツ報知 5/20(土) 7:08配信

 今秋ドラフト目玉の早実(東京)の清宮幸太郎内野手(3年)が、20日に開幕する春季関東大会(24日決勝・茨城)で、25日の誕生日を前に17歳の有終の美を飾る決意を示した。

【写真】熊本で高校通算93号になる本塁打を放った清宮

 21日の初戦2回戦の花咲徳栄戦(9時・ひたちなか市民)に向けて、本番と同じ球場で公式練習。実戦形式の打撃で、両翼100メートルの右翼芝生席の最深部にある茂みに推定120メートル弾を放ち、「思ったより、振れていてよかった」と汗を拭った。高校通算93発の大砲に、ネット裏の中日・正津スカウトは「逆風で半端ない飛距離」と舌を巻いた。

 24日の決勝で40年ぶりの優勝を飾れば、25日のバースデーに花を添えられる。「早いもので、もう18歳なんで。17歳がよかったと言えるように。終わりよければ、全てよし。できるだけ、たくさん勝って、夏のいい財産にしたい。今日みたいな打撃が理想」。口調はすでに大人びていた。

最終更新:5/20(土) 8:20

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 22:40