ここから本文です

『女囚セブン』黒幕の正体が明らかに “老老介護”もバッサリ

5/19(金) 10:00配信

オリコン

 女優の剛力彩芽が主演するテレビ朝日系ドラマ『女囚セブン』(毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)第5話(19日放送)では、琴音(剛力)をえん罪に追い込み、さらに黒革の手帳の在り処を執拗(しつよう)に探ってくる黒幕の正体が明らかになる。今回は老老介護の末に夫と義姉を殺害し、花園刑務所に服役しているうめ(木野花)のメイン回。決めぜりふ「罪は犯した人間が悪いんやない。犯させるヤツが悪いんどす」が今週も炸裂する。

【オフショット写真】手相をみる木野花の回りにひとだかりが…

 耳が遠く、「は?」が口ぐせで、琴音が入所してきた当初からマイペースな行動とちょっとトボケたような(不可解な)言動が多かった、うめ。ここにきてその不可解な言動がエスカレートしてきてしまったようで、同部屋の女囚たちもさすがに心配になってきた。

 そんな中、うめが夫と義姉だけではなく「もうひとり殺した」と衝撃的な告白をする。そんなことが刑務官たちにバレたら大変なことになる、と琴音や奈津(安達祐実)たちで必死にうめを守ろうとするのだが…。なぜうめが殺人を犯してしまうに至ったのか。その背景を聞いた琴音はそんなうめを庇い、励ますかのように“老老介護”がまかり通ってしまう現代の社会を一刀両断にする。

最終更新:5/19(金) 10:05
オリコン