ここから本文です

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』7月日本初演 5人目のビリー役に山城力くん11歳が決定

デビュー 5/19(金) 11:12配信

 世界的な大ヒットミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』の日本初演が、7月に開幕。主演のビリー役の少年は、応募総数1346名の中から、約1年をかけたレッスン形式の長期オーディションを経て選ばれた、バレエ、タップ、アクロバット、歌、芝居と全てを兼ね備えた次世代のスター俳優たち。すでに4名の少年たちが抜擢されているが、トールボーイ役として本作への出演が決まっている山城 力くん(やましろ・りき)11歳が新たにビリー役として出演することが発表された。

【写真】ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』より、5人のビリーの写真

 本作は、2000年に公開された映画『BILLY ELLIOT』(邦題「リトル・ダンサー」)を、アカデミー賞ノミネート監督であるスティーヴン・ダルドリーが映画に引き続き演出、ポップス界の大スター、エルトン・ジョンが楽曲を手がけ、ミュージカル化した作品。2005年5月にロンドン・ウエストエンドで幕を開けて以降、10年以上のロングラン公演、2009年にはトニー賞で10部門受賞するなど、世界的に大ヒットしている作品が、2017年夏、ついに日本人キャストで上演される。

 山城くんは、ビリー役を目指して、家族と住んでいたシンガポールから単身帰国。他の候補者と一緒にレッスン形式の長期オーディションを受けたが、最終審査で惜しくも不合格となっていた。しかし「彼はビリー役に必要な情熱やポテンシャルを持っており、本番までの期間を考えると、十分に到達する可能性がある」という海外クリエイティブ・スタッフの意向で、トールボーイ役としての出演をオファーすると同時に、ビリー役のためのレッスンを継続していた。

 そして先日行われた出演キャスト全員が集まる顔合わせの場で、演出補のサイモン・ポラード氏が「喜ばしいニュース」として、山城くんのビリー役としてのデビューが正式に決定したことを発表。このサプライズに、山城くんが喜びいっぱいの表情を浮かべながら深々とお辞儀をすると、キャスト・スタッフからの大きな激励の拍手が沸き起こった。

 現在、6月からスタートする本格的な稽古に向けて、すでに決定している4人のビリー役と一緒にレッスンを続けている山城くん。7月の開幕後は、まずトールボーイ役として出演。公演期間の途中からビリー役として出演することとなる。

■山城 力(やましろ・りき)
出身:東京都
特技:空手、駒回し
好きな色:赤と黒
好きな食べ物:カレーライス
好きな科目:算数、体育、英語
一番好きなこと:ダンス、歌、お芝居
ビリー・エリオットで一番好きなシーン:Angry Dance (やりきれない気持ちを爆発されるシーン)

最終更新:5/19(金) 11:12

デビュー