ここから本文です

留学で休業中の声優・入野自由、12月上演ミュージカルに出演決定

5/19(金) 11:19配信

オリコン

 『千と千尋の神隠し』のハク役などで知られ、現在は海外留学のため休業中の声優・入野自由が、今年12月に東京・日生劇場12月公演のミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』に出演することが19日、発表された。

■入野自由のプロフィール

 入野は昨年11月にブログで「2017年1月のソロライブが終わったあと、しばらくの間お休みをさせていただきます!! 前々から考えていた海外留学のためです」と発表。「数年前から海外での生活やエンターテイメントというものに興味が出てきていました。それに触れることで自分に足りないもの、求めているものがハッキリとしたし、触れれば触れるほどその想いが強くなったからです」と思いを明かしていた。

 休業期間について「今の活動、これからの活動のための『旅』であるということ。皆さんが思っているより早く戻ってくると思いますし。サッと行って、サッと帰ってきます」と説明していたが、12月5日から上演する『屋根の上のヴァイオリン弾き』で、モーテル(仕立て屋)を演じることが決定した。

 同作にはそのほか、市村正親、鳳蘭、実咲凜音、神田沙也加、唯月ふうか、広瀬友祐、神田恭平、今井清隆らが出演。来年1月以降は大阪、静岡、名古屋、福岡でも上演される。

 入野は『聲の形』の石田将也役のほか、『おそ松さん』のトド松役、『機動戦士ガンダム00』シリーズの沙慈・クロスロード役などを担当。また、声優だけでなく、多数の舞台や映画にも出演している。

最終更新:5/19(金) 11:23
オリコン