ここから本文です

カンテレ“地味男子アナ”トリオがももクロと対面 『R-1』1回戦突破ネタを披露

5/19(金) 18:00配信

オリコン

 関西テレビアナウンサーの山田恭弘、吉原功兼、服部優陽が19日、同局で放送される『桃色つるべ』(毎週金曜 深1:25※関西ローカル)にゲスト出演。番組冒頭、ももいろクローバーZの玉井詩織から「関西テレビアナウンサーの中でも地味で存在感がない」と紹介された3人は、笑福亭鶴瓶&ももクロと対面し、『R-1ぐらんぷり2017』で予選1回戦を突破した服部アナが渾身のネタをスタジオで披露する。

【番組カット】ももクロ&鶴瓶がカンテレ“地味男子アナ”と対面

 『R-1』出場まで社員にすら存在を知られていなかったという服部アナ。「どんなネタをされたんですか?」と玉井から振られると「実はきょう…」とネタを披露しようとするも、まさかのトラブルが続発。周囲が大爆笑に包まれながらも、それでもなんとか予選1回戦通過ネタを鶴瓶&ももクロの前で見事、再現した服部アナは「鶴瓶師匠やももクロメンバーの前でネタを披露できて、とても光栄な機会でした。僕にはこのネタしかないので、最大限の力は出せたかなと思います!」と満足げに振り返った。

 また、これまでに行った「野球実況」や「ボウリング実況」でのエピソードを語る山田アナに、「(日常生活の出来事を)何でも実況できたりするんですか?」とメンバーからムチャぶりが飛ぶと、ももクロメンバーが馬役、吉原アナが実況を務める『ももクロ馬×競馬実況』に発展。あわや放送事故寸前の事態でさすがの鶴瓶をも呆れさせていた。

 ド緊張の収録を終えた服部アナは「はたして内容が面白いものになったかは不安ですが、スタッフさんを信じています」と苦笑しながらも「ももクロの皆さんはとてもフレンドリーでアイドルヲタクの僕からしたら夢のような時間でした。鶴瓶師匠はどんな話も面白くしてくださって、僕はありのままの自分を出そうと思いました」と手応えをにじませている。


 

最終更新:5/19(金) 18:00
オリコン