ここから本文です

人気子役・谷花音、初主演アニメで監督からの手紙に涙「声をほめられたのは初めて」

5/20(土) 20:01配信

オリコン

 人気子役の谷花音が20日、都内で行われた長編アニメーション映画『夜明け告げるルーのうた』の公開記念舞台あいさつに参加。湯浅政明監督からの手紙に「こんなに声をほめられたのは初めて」と目頭を熱くしていた。

【動画】湯浅ワールド全開の本編映像

 今作が初主演映画となる谷は人魚・ルー役とあって「ルーちゃんは(着ているのが)ワカメなので上はワカメっぽく」という緑の衣装で登場。下田翔大は「海藻感があって、すごくかわいいですね」と話し、思わず笑みをこぼした。

 企画段階ではヴァンパイアの設定だったが、紆余曲折を経て人魚に変わっていったという。この事実を初めて知った谷は「もしかしてヴァンパイアだったら声をできてないかもしれないから、人魚でよかった」と胸をなで下ろしていた。

 また、イベントの後半では湯浅監督から出演者へ手紙が朗読された。湯浅監督は「谷さんが初めてスタジオで『ルー!』としゃべっている時、ここにルーがいる。この映画は大丈夫だと思いました」と谷を評価。監督は声の加工を考えていたというが、生の声を生かしいたという。「谷さんのおかげでルーが心に残るキャラクターになったと思います。今後も楽しみです。谷さん、大好きです」と初主演という大役をこなした谷を讃えた。

 監督からの手紙を聞き終えるとおえつ交じりに谷は「こんなに声をほめられたのが初めてだった」と涙。目尻を拭きながら「すごくうれしかったです。ありがとうございます」とサプライズに感激していた。

 同作は、寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)を舞台に、心を閉ざした中学生の少年・カイ(声:下田)が、人魚の少女・ルー(声:谷)との出会いと交流を通して、本当の気持ちを伝えることの大切さを教えてくれるというストーリー。テレビアニメ『四畳半神話大系』や、歌手・俳優の星野源が主人公の声優を務めた長編アニメーション『夜は短し歩けよ乙女』(公開中)の湯浅監督が手がけた長編アニメーションとなっている。舞台あいさつには篠原信一も登壇した。

最終更新:5/20(土) 21:46
オリコン