ここから本文です

平成仮面ライダーが夢の共演! 井上正大、舞台のみどころは「中村優一くんとのタッグ感」

デビュー 5/19(金) 23:17配信

 俳優の中村優一と井上正大が19日、都内で行われた舞台『警視庁抜刀課 Vol.1』の公開稽古&囲み取材に出席。本番衣装を身にまとい、スーツ姿で迫力満点の殺陣シーンを披露した。

【写真】舞台『警視庁抜刀課 Vol.1』公開稽古の模様

 『仮面ライダー響鬼』、『仮面ライダー電王』に出演していた中村優一と、『仮面ライダーディケイド』主演の井上正大という、“平成仮面ライダー”がW主演を務めるということで話題を呼んでいる本作。“刀”に取り憑かれた人間による不可思議な事件が頻発するなか、警視庁の銃刀特別対策課―通称“抜刀課”の切通弥(きりとおし・わたる)と、架光隼人(かけみつ・はやと)のコンビが、怪しい力を宿した“憑き刀”と対峙する姿を描く。

 この日の囲み取材には、W主演の中村と井上をはじめ、星元裕月、藤木かおる、岩田華怜、宮崎翔太、伊藤陽佑、山本一慶が出席。警視庁最強の剣士・切通弥を演じる中村は「原作の漫画の世界観を残しつつ、ただ僕達人間が動くので、やっぱりお芝居も殺陣も熱いものにしたいと思っております」と語り、「さきほどの公開稽古で2シーンしかやっていないんですが、もう汗だくです。なので、客席に汗を飛び散らすほど、体をふんだんに使って、エネルギーを客席に伝えたい」と意気込む。

 切通の相棒・架光隼人を演じる井上は「舞台の見どころとしては、中村優一くんとのタッグ感です」とアピールし、「それと殺陣のアクションのときに、舞台のセットにあるものを叩いたり、生音を使ったり、タップを使ったりと、舞台ならではの特殊効果みたいなものをふんだんに使っていて、ほかの舞台とはまた違った作品になっているとおもいます。一人でも多くのお客さんが観に来てくださったら嬉しいです」とコメント。

 さらに井上は「切通と架光はある意味正反対のキャラクター。猪突猛進な切通に対して、架光は全体を見ているキャラクター。性格の違いで認められないところもあり、でもお互いリスペクトしている。昔から一緒にいるので、そういう雰囲気も出していけたら」と語る。

 一方の中村は「切通は、基本的にクールでぶっきらぼうなんです。抜刀課のメンバーからも長い間笑った顔を見ていないって言われるくらい笑った顔を見せない役」と説明し、「劇中で『表情筋が死んでいる』って言われるんですが、僕もプライベートで休みのときは家から出ないし、表情筋が死んでいるところが、似ているかな」とコメント。すると、すかさず井上が「けっこう笑っているイメージだけど。何でも拾って笑ってくれるよね?」と明かすと、伊藤も「ほぼ笑ってる。なんなら笑い上戸でしょ」と語るなど、キャストが声揃える。そんなキャスト陣からの言葉に中村は「表情筋、生きてました!」と満面の笑みを浮かべていた。

 祖母から譲り受けた回禄刀の力に苦しめられる女子高生・六人部真名(むとべ・まな)を演じる岩田は「19歳になったばかりの私がセーラー服を着る意味を考えつつ、現役(女子高校生)じゃないというところにプレッシャーを感じてすごく不安なんですが、フレッシュさも出していきたい」と語ると、キャスト陣は「十分フレッシュだから!」と総ツッコミ。

 続いて「みなさんにとっての癒しポイントになれるような役どころだろ思うので」と語ると、井上から「自分で言っちゃう感じなんだ(笑)」つっこまれつつ、「私はぜんぜん違うけど、真名ちゃんは可愛い子なので」と弁解し、「憑き刀を持っているので、少し邪悪なオーラを放つ瞬間があるんですが、そういうところが今までの役とはひと味違うので、岩田華怜の闇を出しつつ、頑張っていきたいです!」と意気込みを語る。

 抜刀課のメンバーで可愛らしい見た目の青年・兎茶 護(うさ・まもり)を演じる星元は「重要なキーを握っている役なので、そこをしっかりと出していきたいです。自分自身、キャリアや引き出しがまだまだ浅いので、役を通して成長できたらいいなと思います」と決意を新たにする。同じく抜刀課のメンバーである乾 小町(いぬい・こまち)役の藤木かおるは「不器用ながらも、この抜刀課メンバーのみなさんをサポートしていきたいと思います。強く、そして賢く乾小町を生き抜きたいと思います」と力強く語った。オリジナルキャラクター・袴田亮介を演じる宮崎は「物語にどう絡んでいくかというのをご期待ください」と呼びかける。

 また、本作は殺陣師として、同所で30年近く時代劇に携わり、『子連れ狼』や『暴れん坊将軍』、『水戸黄門』など数多くの作品に出演し、時代劇における殺陣アクションの第一人者である青木哲也氏が参加。ほかの舞台に比べて3倍ほど時間をかけて殺陣稽古に挑んでいるという。

 井上は殺陣稽古に関して「殺陣師の青木さんがとても厳しく、さらに目指すべきところが高すぎて…」と嘆きつつ、「僕らは役者の中では動けるほうかもしれないけど、殺陣を本格的にやっている人間ではないので、殺陣業界の中では下の下。そこを少しでも毎日の稽古でどこまで食らいつけるか、日々やっています」と奮闘している模様。

 中村は「毎日、朝起きたときに全身が痛くて、日々身体が動かなくなってきている」と明かしつつ、「でも、そこは青木さんに食いついていきたい」とコメント。さらに井上が「青木さん、殺陣終わったあとに、満足そうな顔一回もしなかったよね」と嘆くと、中村も「本番までには、青木さんの満足そうな顔をみれるようにしたいね」と身を引き締める。

 山本は、切通&架光vs義経&弁慶の4人のアクションシーンについて触れ「4人で戦うシーンは乱戦というか、舞台上全体を使ったアクションになっているので、そこは見どころ」とアピールし、「毎日、成長を自分でも感じられているので、このままのペースで本番迎えられたら、すごくいいものになるんじゃないかなと思います」と目を輝かせた。

 一方の伊藤は刀よりも長い特殊武器を使用しており「長い棒を振り回すのが初めてで、僕も優一くんが言った通り、朝起きるときがつらい。意外とあれ重いんです」と吐露。さらに『特捜戦隊デカレンジャー』に出演していた経験がある伊藤は「なんだったら、1回変身してから、アクションの人にやってほしいなって思います」とジョークを飛ばし、笑いを誘っていた。

 唯一、殺陣がないという岩田は「殺陣に興味があって、ちょうど始めたばかりだったので、殺陣やれるのかな?と思っていたら一切なかった」とやや不満顔。同作品のオーディションのときにもアピールしたそうで、「『刀を扱う役をやりたかったので、立ち回りがすごく楽しみです』って言ったら、演出の大和田さんが苦笑いをしていて。なんでかな?と思っていたけど、稽古が始まってその意味がわかりました」と肩を落とす。

 そんな岩田に対して、井上は「稽古初日にさ、スクワットして木剣振ってるから、“この子何してるんだろう”って思った」と暴露すると、岩田は「出番ないときに筋肉を痛めつけるっていうのを今回課題としてやっていて」と明かし、「本番で殺陣を披露する機会はないですが、懐刀を抜くところにすべてをかけて全力でやりたいです!」と力強く語る。

 すると井上は「殺陣練習しておいて、アフタートークとかで発表会みたいな感じでやったら?」と提案。岩田は「そんなにできないので、やめてください!ハードル上がっちゃう!!」と必死に否定するも、井上は「僕ら全員vs真名ちゃんで、全員がやられるっていうのはどう?」と呼びかけ、場を盛り上げていた。

 舞台「警視庁抜刀課 Vol.1」は、5月26日(金)~6月4日(日)までCBGKシブゲキ!!にて上演される。なお、オーディションエンタメサイト『Deview/デビュー』では、中村優一のインタビューを掲載中(下記リンク参照)。

最終更新:5/27(土) 17:46

デビュー