ここから本文です

【GOLF】M.A.ヒメネスらが首位発進 井戸木は51位タイ

5/19(金) 13:07配信

ISM

 米チャンピオンズツアーの今季メジャー初戦、リージョンズ・トラディションが現地時間18日、アラバマ州のグレイストーンG&CCを舞台に第1ラウンドの競技を終了。7アンダーでミゲール・A・ヒメネス(スペイン)ら4人が首位タイ、井戸木鴻樹は1オーバー51位タイとなった。

 米3勝、シニア3勝のスコット・マキャロン(米)、1988年全米プロゴルフ選手権覇者のジェフ・スルーマン(米)、2度の全米オープン選手権を制したリー・ジャンセン(米)そしてヒメネスが7アンダー65で並ぶ形となった。マキャロンに関してはパー5でイーグルを奪うなどノーボギーの完璧なラウンドを展開した。

 1打差単独5位にはケニー・ペリー(米)、2打差6位タイにはデビッド・フロスト(南ア)、フレッド・ファンク(米)、スコット・パレル(米)、マルコ・ドーソン(米)、トミー・アーマーIII(米)と続いている。

 2013年全米プロシニアゴルフ選手権覇者の井戸木はトータル2バーディ、3ボギーの1オーバー73で51位タイとなった。今季開幕戦、三菱エレクトリック・クラシックでは予選落ちとなったが、国内シニア開幕戦では、プレーオフで敗れたものの、素晴らしいプレーを披露していた。メジャー2勝目に向け、明日以降のプレーに期待したい。

 その他、昨季覇者のベルンハルト・ランガー(独)は3アンダーでホセ・マリア・オラサバル(スペイン)らと並んで13位タイ。2週前に開催されたインスペリティ招待でツアー初優勝を挙げたジョン・デイリー(米)は1アンダー34位タイとなっている。

最終更新:5/19(金) 13:08
ISM