ここから本文です

タイムズスクエアに暴走車、1人死亡 22人負傷 拘束の男は米海軍に勤務歴

産経新聞 5/19(金) 1:49配信

 【ニューヨーク=上塚真由】米ニューヨーク中心部の繁華街タイムズスクエアで18日正午前(日本時間19日午前1時前)、乗用車が暴走して歩行者に突っ込み、観光中の米国人女性(18)が死亡、少なくとも22人が負傷した。うち7人が重体や重傷という。警察当局は運転していた地元の男(26)を拘束。ニューヨーク市のデブラシオ市長は会見で「現時点ではテロであることを示す証拠はない」と明らかにした。

 運転していた男は、ニューヨーク・ブロンクス地区在住のリチャード・ロハス容疑者。米海軍での勤務歴がある。米メディアによると、2008年と15年に飲酒運転で逮捕歴がある。警察当局がアルコール、薬物摂取の有無を調査。米メディアによると、危険ドラッグを使用した可能性が高いという。

 目撃者などによると、乗用車はタイムズスクエアの一方通行の通りをUターンした後、猛スピードで逆走して歩道に突入。3ブロックにわたって歩行者を次々とはねた後、車止めの鉄柱に激突し横転して止まった。乗用車は炎上し、現場では歩行者らが地面に横たわり、泣き叫ぶ人の姿もみられた。

 在ニューヨーク日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたという情報はない。

 タイムズスクエアは盛大な年越しイベントなどで知られるニューヨークの観光名所の一つ。18日も世界各地からの観光客でにぎわっていた。

最終更新:5/19(金) 12:46

産経新聞