ここから本文です

雨上がり・宮迫、獅童のがん早期だったことに「おそらく大丈夫だと…」

サンケイスポーツ 5/19(金) 12:51配信

 お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が19日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。18日に初期の肺腺がんを公表した歌舞伎俳優、中村獅童(44)についてコメントした。

 獅童は定期的な健康診断で、11日にステージ1aのがんが発覚。直筆コメントで、「奇跡的と言われる程の早期発見」であり、医師からは「すぐに手術をすれば完治する」と説明を受けたと報告した。近く入院し、来月上旬にも手術を受けるため、6、7月の舞台は休演するが、「病に打ち勝ち、必ず元気になってまた皆様にお目にかかりたい」と復帰を誓っている。

 2012年に初期の胃がん切除手術を受けた宮迫は、「僕は定期的には(検診に)行ってはなかっったんですけど、6年ぶりにたまたま行ったところで胃がんが見つかって」と自身の経験を語った。「それもすごいスピードで見つかっったので、後遺症もなかったんですよ」と、早期発見だった獅童と重ね合わせるコメントも。また、「この時点で(医師が)完治と言っているから、おそらく大丈夫だと…」と推測した。

 また、子宮頸がんとS状結腸がんで手術を受けたタレントの向井亜紀(52)は、「大腸がんは毎年やっつけないと毎年毎年できちゃうんですけど」と、治療が続いていくこともあるとしながらも、「今はがんとともに生きていくのは、そんなにしんどくない時代になってきている」とコメント。「先生が完治する、と言っているのは、すごく自信がある証拠」と宮迫の発言に同意し、「ホッとしました」と語った。

最終更新:5/19(金) 12:54

サンケイスポーツ