ここから本文です

公明・井上義久幹事長 「女性宮家」創設に前向きな考え「検討あっていい」

産経新聞 5/19(金) 11:47配信

 公明党の井上義久幹事長は19日午前の記者会見で、天皇陛下の譲位を可能にする特例法案に関連し、皇位継承の安定化を目的とした「女性宮家」の創設を検討する方針に前向きな考えを示した。「女性宮家の創設をどう考えるかは今後、与野党間でよく協議し、(法案採決時に想定される)付帯決議に盛り込むなどの協議をしなければいけない」と述べた。

 井上氏は、衆参両院の正副議長がまとめた国会見解が「女性宮家の創設等」に向け、「合意を得る努力」を各党に促している点に言及。「各党各会派の間で意見があるが、(女性宮家の創設を)検討することはあっていい。各党で協議する課題だ」と語った。

 女性宮家に関しては将来の女系天皇への道を開き、125代にわたり一度の例外もなく、父方の系統に天皇を持つ男系の伝統を変えかねないとの懸念も指摘されている。

最終更新:5/19(金) 16:43

産経新聞