ここから本文です

「君の名は。」川村氏、藤本賞に感激の表情 「この世界は発表されていない面白い作品があります」

サンケイスポーツ 5/19(金) 13:22配信

 功績著しい活躍をした映画製作者を中心に表彰する「第36回藤本賞」(一般社団法人映画演劇文化協会主催)の授賞式が19日、東京・丸の内のパレスホテル東京で行われた。

 藤本賞に輝いたアニメ映画「君の名は。」を担当した東宝の川村元気プロデューサー(38)は、「新海誠監督と初めて会ったときから14年たって再会し、大ヒットにつながりました。映画界には夢がありますし、まだまだこの世界は発表されていない面白い作品があります」と感激の表情で喜びを語った。

 同賞特別賞に輝いた映画「シン・ゴジラ」の東宝・佐藤善宏プロデューサー(39)は、「『シン・ゴジラ』を見た若者が、『あのとき怪獣映画を初めて見たんだ』といってくれたら」。また同じく特別賞に輝いたアニメ映画「この世界の片隅に」の丸山正雄プロデューサー(75)も、「この映画が本当にできるのかと思っていたときに、真木太郎プロデューサーという美しい天使がやってきて完成しました。夢のようでした」と感謝の言葉を述べた。

 藤本賞は日本映画界で唯一、映画製作者をたたえる賞。生涯を映画製作にささげ、277本の作品を世に送り出した映画プロデューサー、藤本真澄の名を冠して設立された。

最終更新:5/19(金) 13:22

サンケイスポーツ