ここから本文です

民進・細野豪志元環境相、派閥会長を辞任

産経新聞 5/19(金) 12:37配信

 民進党の細野豪志元環境相は19日午前、自らが会長を務める党内派閥「自誓会」の会合を都内で開き、党代表代行の辞任などをめぐり派内に迷惑をかけたとして、会長を辞任する意向を伝え、了承された。当面は黄川田徹元復興副大臣が代表幹事(仮称)に就きグループを率いる。

 階猛事務局長は会合後、記者団に対し「自誓会は細野氏を首相にするための会だ。いずれかのタイミングで返り咲くことを想定している」と述べた。

 細野氏は4月、蓮舫代表ら党執行部が憲法改正に消極的だと反発し、代表代行を辞任。一時は静岡県知事選(6月8日告示、25日投開票)への出馬も取り沙汰され、細野派議員の間で不信感が広がっていた。

最終更新:5/19(金) 12:37

産経新聞