ここから本文です

松井玲奈、アイドルから女優への脱皮「芝居がしたくて芸能界に入った」

5/19(金) 17:01配信

Lmaga.jp

「脚本を読んだとき、『どうしたらいいのかな?』と」(松井玲奈)

映画祭『MOOSIC LAB 2015』で史上初の6冠を獲得、一躍注目を集めた弱冠25歳の酒井麻衣監督の商業デビュー作『はらはらなのか。』。12歳の原菜乃華が冴えない子役・原ナノカを演じ、ファンタジーとドキュメンタリーの狭間でさまざまな経験を通して成長していく物語だ。そのナノカが運命的に出会う喫茶店の店主・リナ役には、元SKE48の松井玲奈。かつてアイドルとして一世を風靡するも、ドラマ『ニーチェ先生』、舞台『新・幕末純情伝』などで、そのイメージを次々と限界突破。女優として注目を集める松井玲奈に、話を訊いた。

【写真】松井玲奈と同い年、キュートな酒井麻衣監督

──1991年生まれの酒井監督とは同世代なんですよね。

そうですね、25歳で同い年です。

──これまで、ドラマや映画の現場で、同い年の監督・ディレクターと仕事をする機会って...。

多くはないですね。でも、私がデビューした頃、クリエイターや作り手を目指していた方々が、学校を卒業したりとか、自分が挑戦できる年になって、今は少しずつ増えてきましたね。

──同世代のクリエイターと作品を作っていくことの面白さ、刺激などはありますか?

酒井さんと初めてお会いしたとき、同い年の監督さんが出てくるようになったんだといううれしさはありましたね。で、お話をしていると、すごく感性が豊かだな、と。アニメだったりゲームだったり、同じカルチャーを通ってきているなかで、ひとつひとつの捉え方が自分と違う角度だったりして、お話していてとっても楽しいです。

──今回の映画は、主人公のナノカが、ファンタジックでリアルな世界を通して変化していくお話であると同時に、酒井監督はファンタジーと現実の狭間で揺れる作り手としての葛藤も描いていると思いました。

表現者の葛藤、ですか。

──たとえば、「お芝居って結局、ウソじゃないですか」というナノカの台詞が中盤にもありますが、訴求したいテーマがあって、それを演出しようとすると、どうしても作り物の世界になってしまい、ファンタジックな世界観が特徴の酒井監督は、特にそれが顕著になります。作られた世界から浮かび上がるテーマ、感情すら虚像になってしまうというか。

私はまだ、あまりそういうことに直面したことがないんですけど、お芝居自体は作られたものであっても、ステキだなって思うお芝居って、気持ちのどこかに本物があるからこそ、うれしかったりとか、悲しかったり、涙が出たりするんじゃないかなって。観てる側もそうですし、もちろん演じている側もそう思います。たとえば、ひとりの役者さんが涙を流していても、それを本当の涙だと思う人もいるし、ウソの涙だって思う人もいるので、その捉え方の違いはすごく面白くもあり、難しい部分でもあるのかなって。

1/3ページ

最終更新:5/19(金) 17:01
Lmaga.jp