ここから本文です

LEDマンがLINEスタンプに 岡山県交通安全協が40種

山陽新聞デジタル 5/19(金) 0:10配信

 岡山県交通安全協会は、県警交通部が考案した事故防止の啓発キャラクター「ライトアップ戦隊 LEDマン」をモチーフにした無料通信アプリLINE(ライン)のスタンプを作り、販売を始めた。ライトやウインカーの点灯を呼び掛ける40種類を用意しており、同協会は「交通安全意識を高めるきっかけにしてほしい」としている。

 LEDマンは2013年春にデビュー。黒ずくめの衣装の上に装着したアームバンドやクリップ式の発光ダイオード(LED)を点灯させ、交通整理に使う赤色の誘導灯を持ったスタイルで、交通安全のPR役を務めてきた。

 スタンプでは、LEDマンがさまざまなポーズや表情で事故防止を訴える。薄暮時の点灯を促す「早めのライト」、ウインカーの重要性を指摘する「合図」のほか、「気ゅー付けて」「おえんッ!」といった岡山弁を使ったものもある。

 40種類1セット120円で販売。問い合わせは同協会(086―724―9700)。

最終更新:5/19(金) 0:10

山陽新聞デジタル