ここから本文です

自民党が都議選公約を発表 市場の早期移転を明記

TOKYO MX 5/19(金) 20:03配信

TOKYO MX

 自民党は19日、都議選に向けた公約を発表し築地市場の早期移転や受動喫煙対策などを掲げました。都議連の下村会長は「劇場型の選挙はもういままでの前提条件の動きとしてここまでとして、我々はしっかりと政策で明日の都政を考えていくべきだ。正攻法で選挙をしっかりと戦っていきたい。」と述べました。

 自民党は公約の最大の柱として「豊洲市場への早期移転」を盛り込んでいて、19日会見に臨んだ下村都連会長も、「豊洲の早期移転。これは専門家科学者も安全であると、また安全であるための施策をきちっとやることによってできるだけ早く移すと。自民党としては緊急の一番目にしている。」と小池都知事の決断が遅れていると批判しました。

 また公約には「受動喫煙対策」も盛り込まれ、原則として屋内での喫煙を全面的に禁止とするなど、罰則付きの条例を作るとしています。小池知事が事実上率いる「都民ファーストの会」が「受動喫煙対策」を公約として正式に発表する前に、自民党が公約として打ち出した形です。

最終更新:5/19(金) 20:03

TOKYO MX