ここから本文です

外国人が日本文化体験 会津若松・大龍寺で茶道や着物に親しむ

福島民友新聞 5/19(金) 10:36配信

 会津若松市国際交流協会は14日、同市慶山にある大龍寺で「日本文化体験講座」を開いた。外国人が茶道や着物の体験を通して日本の伝統に親しんだ。

 米国や中国など8カ国の男女23人が参加。茶道体験では、講師の裏千家の鈴木悠子さんらから指導を受けて作法を学んだ。民族衣裳文化普及協会の協力で着物も着用した。同市の高校で英語の指導助手を務めている米国出身のローラ・ウィットワーさん(23)は「きれいな着物を着て、お茶を体験できて、とても楽しい」と笑顔を見せていた。

福島民友新聞

最終更新:5/19(金) 10:36

福島民友新聞