ここから本文です

「Number」表紙争奪「プロレス総選挙」最終中間発表1位は内藤哲也

スポーツ報知 5/19(金) 11:00配信

 文藝春秋が発行するスポーツ誌「Number」の表紙を飾る現役プロレスラーをファン投票で決める「プロレス総選挙 2017」(5月31日締め切り)が大盛況だ。18日の公式ホームページ上での最終中間発表では投票者数が2万5000人を突破。企画した松井一晃編集長も「予想以上の盛り上がり」と驚いている。1位の選手が7月10日発売の「Number PLUS」の表紙となり、10位の選手までが記事になる。(甲斐 毅彦)

【写真】テレビ朝日「プロレス総選挙」トップ当選はこの人

 現在のプロレスファンたちの情熱の温度は、編集長の松井さんが思った以上に熱かった。2015年に新日本プロレス所属選手限定で行ったファン投票では総投票者数が1万1356人。今回は締め切りを待たずに、投票者数がその倍を上回った。

 「ファンの方にこれだけ面白がって、一生懸命投票していただけるとは。まだ中間ではありますが、やって良かったなと思います」

 2年前の企画は、新日をはじめとしたプロレス人気再燃に合わせてのものだった。今年のプロレス企画はどうしようか、と松井さんが思案しているところで、テレビ朝日が3月12日深夜に放映したのが「現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票!プロレス総選挙」という番組だった。

 WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の中継が延長11回まで行われた影響で、番組の放送は3時間以上遅れて始まり、放送開始は日付け変わって13日の0時13分から。それにも関わらず、反響は大きかった。だが、そのランキングには賛否が真っ二つに割れ、ネット上で大議論となった。1位がアントニオ猪木、2位がジャイアント馬場…。ベスト10の半分以上が、すでに現役を退いた選手や故人になってしまったことに異議を唱える人が出始めたのだ。

 「今、活躍しているレスラーが少ないことに納得いかないというファンの声が多かったですよね。だったらそういう思いを抱いたファン誰もが現役選手に投票できるようにしてみれば、いいんじゃないか、と思ったのがきっかけです」

1/2ページ

最終更新:5/19(金) 11:00

スポーツ報知