ここから本文です

“レジェンド”s-kenが考える「カッコイイ大人」とは?

5/19(金) 11:30配信

TOKYO FM+

この時代をどう楽しく生きていくのか? どうカッコ良く生きていくのか? あなたのこれからの毎日を変えてくれるかもしれないヒントを、RIP SLYMEがゲストとともに探求していくTOKYO FMの番組「RIP SLYME SHOCK THE RADIO」。そのなかで、ゲストに必ず聞く質問が「カッコイイ大人とは?」。
5月12日の放送では、御年70歳にして今年3月に25年ぶりのソロアルバム『Tequila the Ripper』をリリースしたレジェンド、s-kenさんが登場! 「カッコイイ大人」について答えてくれました。

【s-ken】プロフィール

1970年代初頭から音楽活動を開始。78年にバンド「s-ken」を結成し、フリクション、LIZARDなどとともに、伝説のパンク・ニューウェーブムーブメント「東京ロッカーズ」を牽引。その後80年代には東京クラブシーンの黎明期を支え、90年台からはプロデューサーとして活躍。クラムボン、SUPER BUTTER DOG、PE'Zなど多くの才能を発掘し、現在までに100作以上の作品をプロデュース。そして今年、自身の作品としてはなんと25年ぶりとなるアルバム『Tequila the Ripper』をリリース。御年70歳……!!


RYO-Z 短い時間ではとても聞ききれない濃厚な音楽人生、ここからギュギュと凝縮してお聞きしていきたいのですが……。s-kenさんは70年台にヤマハの特派員としてニューヨークに渡り、そこで後にパンクの聖地となるCBGBに出入りしショックを受け、それを日本に持ち込んだ……と聞いたんですけど!

s-ken 1975年から2年半くらいアメリカに行ってたんですけど、ちょうどアメリカでたまたまパンク・ニューウェーブの流れ、ヒップホップのサウス・ブロンクスの流れ……。それとニューヨークのDJがシカゴに渡り、ハウスの源流となるような……僕はトータルしてあの切れ目を“路上の美学”と呼んでいるんですけど、それをたまたま経験しちゃったって感じですね。

RYO-Z&PES おお……!

RYO-Z 当時のニューヨークはどういう空気だったんですか?

s-ken 今、“路上の美学”って言ったでしょ? 何か発生するときって、ビートの話になると……昔、リヴァプールのキャヴァーン・クラブで“こんなムーヴメントが起きたんだ!”とか“同じビートがいっぱい出てきた”みたいなそういう匂いがあって。当時のCBGBだと、トーキング・ヘッズ、ブロンディ、ラモーンズとか……知ってる?

RYO-Z 名前だけは……!

s-ken そういうグループでもそんなに客が入る感じじゃなかったんだけど……。2年半毎日、3日空けずにライブを観てるわけでしょ。だから新しい音楽が出てくる匂いのようなものを感じちゃったわけ。

RYO-Z&PES へぇ~!

s-ken ヒップホップに関しては……ちょうど、DJクール・ハークにしろ、アフリカ・バンバータにしろ、みんな当時は20歳前後だから……。

PES ああ……!

s-ken ロンドン・パンクが当時、年齢的には同じなんですよ。セックス・ピストルズのジョニー・ロットンが50年代生まれでしょ? だからたまたま巡りあっちゃって、路上の美学的な音楽……リアリティ。そういうのが好きなので、その現場に居合わせちゃったの。

RYO-Z そのニューヨークの空気をたっぷり吸い込んだs-kenさんなんですが、25年ぶりにニューアルバム『Tequila the Ripper』を3月にリリースしたわけなんですが……!! なぜ、25年ぶりにアルバムを作ろうとお思いになったんですか!?

s-ken ちょっと話が長くなっちゃうから、かいつまんで言うと……。やっぱり、なぜか45歳くらいのときにプロデューサーの道に行っちゃって。気が付いたら2、3年前に(プロデュースした)作品が100タイトル超えちゃって。10年くらい前に、僕が80~90年代にリリースしたアルバム5枚をユニバーサル(ユニバーサル ミュージック)とソニー(ソニー・ミュージック)が共同で作品をすべて再販してくれたんですよ。そのときは歌うことに復帰するなんて考えてなかったけど、レコード会社の方に「今こそ、若い人にs-kenさんの音楽を聴いてもらいたいんですよ!」って言われて……! また当時、s-ken & hotbombomsの仲間が訪ねて来てくれて、みんなから「またs-ken歌ってくれ!」って同時に来たんですよ。

RYO-Z&PES はい……!

s-ken それでだんだん僕の出番が増えていって、“じゃあ……!”ってことです。

PES 自然な流れですよね。

RYO-Z ちなみに、“この歳だから歌えたこと” “この歳だから鳴らせられる音”とかあります?

s-ken 2、3年前にプロデュースした作品が100作を超えたときに、ウチのスタッフに「俺はもう1回アルバム作るぞ」って言っちゃったのね。

RYO-Z はい……!

s-ken 言ってから作ったから……(笑)。いざ作るってなると、オヤジ……ジジイの歌を誰かが歌っているのを参考にしたかったんだけど、ないんですよ!

RYO-Z (笑)!!

PES そうですよね。

s-ken ないってことは歌う題材がないのかなって思ったんですけど、意外と歳をとると若いヤツらに言いたいこともあるし、「昔の友達どうしてるかな?」ってこともあるし、「いっぱい歌の題材あるじゃん!」と。

PES 歌詞がすごかったです……!

RYO-Z 全部がすごかった!

s-ken 全部ジジイの歌です!(笑)。

1/2ページ

最終更新:5/19(金) 11:30
TOKYO FM+

Yahoo!ニュースからのお知らせ