ここから本文です

「私と加計さんは腹心の友」安倍政権を揺るがす加計学園問題

ホウドウキョク 5/19(金) 12:29配信

森友学園問題に次ぐ、新たな火種、加計学園問題。

民進党の蓮舫代表は、「究極の忖度(そんたく)が関わっていたと、わたしたちは疑っています。内閣総辞職に値する内容ではないでしょうか」と述べた。

事の発端は、安倍首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画に、ある意向が働いたのではとにおわせる、8枚の文書。
「これは総理のご意向だと聞いている」、「官邸の最高レベルが言っている」など、文科省内で作成されたとするこの文書が、本物なのか否かが、焦点となっている。

2014年5月、安倍首相は、「30年来の友人である私と加計さんも、まさに腹心の友であると、私はそう思っています」と語っていた。
安倍首相が、「腹心の友」と称するのは、加計学園の加計 孝太郎理事長。

2人がゴルフを楽しむ様子をとらえた映像には、安倍首相が運転するカートの助手席に加計氏が座り、安倍首相の誕生日にも、仲よくゴルフ。2人の親密ぶりがうかがえる。

森友学園の籠池さんよりも密接な間柄

加計学園をめぐる問題について取材を行ってる、ノンフィクション作家の森 功さんは、「総理は確認できただけで去年5回加計氏と会食している。クリスマスイブも夫婦で祝うという間柄で、森友学園の籠池さんよりもよっぽど密接な間柄です。」と話す。

安倍昭恵夫人は名誉園長

その間柄を裏付けるように、この加計学園が兵庫・神戸市で運営するこども園では、安倍昭恵夫人が、名誉園長を務めている。
また、森 功さんによると、「加計学園のグループが運営している小学校がアメリカ・バージニア州の小学校と姉妹提携をしたときに、尽力したのが安倍昭恵さん。これは、安倍昭恵さんが橋渡しをしました、という宣伝チラシです。昭恵さんと下村文科相(当時)の奥さんがコメントを載せています。それだけ深いつながりだったということを示す材料です。」と指摘する。

そんな中、今回、民進党が追及したのは、加計学園が、愛媛・今治市に獣医学部を設置することにからみ、「総理のご意向だ」と記された文書。

さらに民進党は、学部設置の認可を判断する文部科学省の義家副大臣が、萩生田官房副長官と設置について調整するなどと述べた文書の存在があると指摘した。
「10月4日、義家副大臣レク概要」と書かれた文書には、「私が萩生田副長官のところに『ちゃんと調整してくれ』と言いに行く。アポ取りして正式に行こう。シナリオを書いてくれ」といった文字があった。

そして、その3日後、「10月7日、萩生田副官房長官ご発言概要」と書かれた文書には、「加計学園が、誰も文句が言えないようなよい提案をできるかどうかだな。構想をブラッシュアップしないといけない」と書かれていた。

18日、この文書について問われた義家文科副大臣は、「その10月4日にレクがあったかどうか、確認できておりません。そもそもですね、この文書が事実の文書であるかどうか、わからないわけでありまして」と述べた。

萩生田官房副長官は、「文書の信ぴょう性について、疑念を持ってるということでありまして」と反論。

この問題をめぐっては、およそ2カ月前、安倍首相は、「私はもし、働きかけて決めているんであれば、やっぱりそれは私、責任取りますよ、当たり前じゃないですか」と発言している。

また、菅官房長官は、「信ぴょう性も定かでないということには変わりはない」と、事実関係を否定している。

官邸サイドは、文書の存在を暗に認めている

一方、時事通信社特別解説委員・田崎史郎氏は、「官邸サイドは、複数の方が、もう流出先は特定できたっていうふうに言ってるんですね。それは、文科省の関係者の方なんですよ。ということは、この文書の存在を暗に認めている。ことしの1月から2月にかけて、文部科学省の天下りあっせんの問題が起きまして、それで処分された方々がいるんですね。その方々が、おもしろくなくて、逆恨みした結果ではないかというふうにみてます」と語った。

民進党は19日、獣医学部が設置される愛媛・今治市に調査団を派遣することを決めている。

最終更新:5/19(金) 12:29

ホウドウキョク