ここから本文です

今川氏の“復権宣言” 静岡市と地元経済界が盛り上げ

静岡放送(SBS) 5/19(金) 19:02配信

静岡放送(SBS)

 今の静岡市、駿府の礎を築いたのに、いまひとつ人気がないのが、戦国武将・今川義元公です。静岡市と地元経済界などは義元公生誕500年の2019年に向けその功績を見直してもらおうと動き出しました。
 高らかに宣言をしたのは田辺静岡市長や静岡商工会議所の酒井会頭、そして義元公をモデルにしたマスコット「今川さん」です。5月19日は義元公の命日にあたり、今川氏の菩提寺である静岡市の臨済寺で生誕500年に向けたキックオフイベントが開かれました。
 今川義元公は政治経済や外交にも優れ「海道一の弓取り」と謳われましたが、あまり評価されていません。
 イベントでは静岡大学の小和田哲男名誉教授が「静岡から義元公再評価の声をあげていきたい」と語りました。今川氏は今の駿府城公園のあたりに館を構え、その守りのために八幡山に出城を置きました。
 19日はその八幡山でも専門家が市民を案内し、参加者は今の残る痕跡から当時の今川氏の勢力に思いを馳せました
 静岡市と商工会議所は推進委員会を立ち上げ、今川氏に脚光を当てる様々なイベントを企画する予定です。

最終更新:5/22(月) 10:32

静岡放送(SBS)