ここから本文です

【インディ500】フリープラクティス4日目:アロンソ4番手。佐藤琢磨ノン・トゥで首位

5/19(金) 8:04配信

motorsport.com 日本版

 インディ500のフリープラクティス4日目が行われ、シュミット・ピーターソンのジェイ・ハワードが、226.744mph(約365.057km/h)で首位となった。ハワードはこの日合計86周をこなしたが、この最速ラップはその9周目に記録したものである。ただ、総合では首位であるものの、スリップストリームを使わなかった”ノン・トゥ”走行では24番手に終わっている。

【リザルト】インディ500 フリープラクティス4日目

 2番手にはアンドレッティ・オートスポーツのライアン・ハンター-レイが入った。ハンター-レイは総合では約1mphハワードに遅れたものの、ノン・トゥ走行では4位だった。

 3番手にはマルコ・アンドレッティ、4番手にはフェルナンド・アロンソと、アンドレッティ・オートスポート勢が2~4番手を占めた。

 ジョセフ・ニューガーデン(ペンスキー)は午後早い段階でクラッシュを喫して35周しか走行できなかったものの、5番手となるラップを記録。シボレー・エンジン勢の首位となった。

 アンドレッティ・オートスポートの佐藤琢磨は総合9番手だったものの、ノン・トゥ走行では首位。以下、チャーリー・キンボール(チップ・ガナッシ)、グラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン)、ハンター-レイ、エド・カーペンター(エド・カーペンター)と続いた。