ここから本文です

自動車業界で倒産が急増している業種とは

5/19(金) 19:12配信

ニュースイッチ

中古車販売が4割増

 帝国データバンクによると、2016年度の自動車小売業の倒産が前年度比29・4%増の110件と、2年ぶりに増加に転じた。負債総額は同68・1%増の133億8200万円と2年連続で増加した。国内外に多様なリスクを抱える中古車小売業の倒産が同40・6%増の97件と、5年ぶりに前年度を上回ったためだ。

 中古車小売業は東日本大震災による被災地需要に加え、海外への中古車輸出が好調だったこともあり、倒産件数は減少傾向だった。

 だが、資源価格下落で輸出先の需要が低迷。国内でも15年に軽自動車税が引き上げられ、燃費不正問題もあって登録台数が減少。新車市場の低迷で中古車買い取り台数が減少傾向にあることに加え、近年の輸出増で商品車両不足になったことから業者間で競争が激化し、倒産が増えたとみられる。

 新車小売業は同18・8%減の13件と00年以降で最少を記録。車部品・付属品小売業は同2・1倍の23件。

最終更新:5/19(金) 19:12
ニュースイッチ