ここから本文です

ホークス摂津、踏ん張った 6回途中2失点で存在感 113球「多かった」と反省

西日本スポーツ 5/19(金) 10:00配信

 摂津の踏ん張りが野手陣を鼓舞した。6回途中を被安打7の2失点。初回と4回に1点ずつ失ったものの、両コーナーを丹念に突き、得意のシンカーを低めに集めるなどして“傷口”を最小限にとどめたことが大きかった。6回1死一、三塁のピンチを残して降板した右腕は「球数が多かった」と113球を費やしたことを反省。その一方で「チームが勝ったことがよかった。それが一番」と振り返った。和田が左肘の手術に踏み切る方向で、武田も不在。通算77勝のベテランが先発陣の苦境で存在感を発揮してきた。

【写真】球団職員の新垣渚さんと再会して喜ぶ川崎

西日本スポーツ

最終更新:5/19(金) 10:00

西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/27(土) 21:00