ここから本文です

ネットで話題のセゾン女性社員によるアイドルグループ「東池袋52」、当初は公開予定なかった

BuzzFeed Japan 5/19(金) 18:50配信

欅坂46「二人セゾン」に対抗し、本家セゾングループが非公式ライバルに名乗りを上げた? クレジットカード会社「クレディセゾン」がアイドルグループ「東池袋52」を結成。欅坂46のシングル「二人セゾン」への勝手なアンサーソングとなる「わたしセゾン」を5月19日に公開し、話題となっている。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

ネーミングから振り付け、映像まで、完全に「プロの仕業」なこのユニット。“デビュー前”からTwitterのトレンドに「東池袋52」が入り「正気かってくらいクオリティ高い」「めっちゃ笑った」ネット上で話題に。当初は19日午後7時に公式サイトを正式オープンする予定でしたが、反響の大きさから4時間前倒した午後3時に公開されました。

なぜ「東池袋52」は結成?

なぜ「東池袋52」は誕生したのでしょう。BuzzFeed Newsの取材に、クレディセゾンPR事務局の担当者は次のように回答しました。

「楽天カードなどネット上の関わりのみで終わるクレジットカードが増える中、クレディセゾンでは、セゾンカウンターやインフォメーションセンターを中心に、直接人と触れ合います。人とのつながりを作りたい、大切にしたいという考えから東池袋52は生まれました」

メンバーは全員、クレディセゾンおよび関連会社の女性社員。全国の支社、関連会社から応募しました。セゾンカウンターに立ち業務を行う社員から、社内勤務など働く場所はさまざま。実際にカウンターに「会いに行けるアイドル」といえます。

3月上旬からレッスンをはじめ、メンバーはみな日々通常の業務をこなしながら、ダンスや歌唱の練習。ライバル?の欅坂といえば、センターが誰になるかが注目を浴びますが、PR事務局によれば、東池袋52では「PV撮影の際、とくにセンター争いはなかった」そうです。

ちなみにユニット名の「52」は同社が東池袋サンシャイン60の52階にあることから名付けられており、メンバーの数は52人ではなく、24人です。余談ですが、欅坂46も46人ではなく、長濱ねるをいれて21人です。

練習の甲斐もあり、PVでは本家・欅坂を彷彿とさせる、切れのある揃ったダンスを見せている東池袋52。両手を使い、S字をつくるフリもかわいい。メンバー24のプロフィールは現在、ホームページに掲載中です。

実は関わる人も豪華なこの企画。「わたしセゾン」の作曲を担当する多田慎也さんは、AKB48「ポニーテールとシュシュ」などアイドルの曲を数々手がけた人物。作詞の仲畑貴志さんは「目の付けどころが、シャープでしょ。」「愛情一本チオビタドリンク」など数々のキャッチコピーを手がけた日本を代表するコピーライターです。

振付はモーニング娘。、私立恵比寿中学、チームしゃちほこなど、有名アイドルグループを数々手がける「振付屋かぶきもん」が担当し、PV撮影も乃木坂46のPV撮影を行った監督やカメラマンを招聘。そりゃクオリティ高いはずだよ!

アイドルグループらしくCDも作ります。しかもジャケット違いを3種類も…。CDはセゾンカード、UCカードのポイントサービス「永久不滅ポイント」で交換することができます(6月1日開始)。

「東池袋52」にはある秘密が…。

実は、当初PVは社内用に作られ、一般には公開予定がなかったのです。

ところが、同社の林野宏社長が映像のクオリティに驚き「ぜひ、これを外にも出したい」と一般公開が決まりました。

このクオリティのものが、社内限定で作られていたことにも驚かされますが…。

「東池袋52」は現在のところライブの予定は特にないそう。ですが、参加メンバーは「いつかはあのアイドルグループと共演したいですね」と欅坂46の共演を望んでいます。

最終更新:5/19(金) 18:50

BuzzFeed Japan