ここから本文です

アーセナル移籍に近づいていたドラクスラー それはある選手とプレイするため?

5/19(金) 19:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今冬にパリ・サンジェルマンへ移籍

現在パリ・サンジェルマンでプレイするユリアン・ドラクスラーは、今冬にヴォルフスブルクから移籍した。

パリとは2021年まで契約を結んでおり、リーグ戦ここまで16試合に出場し、4ゴール1アシストを記録している。ドラクスラーにはパリへの移籍が決まる前に、様々なクラブが獲得に興味を示しており、アーセナルが最も近づいているといわれていた。アーセナル行きの噂があったのは、ドラクスラーがドイツ代表でともにプレイする、メスト・エジルとの競演を待ち望んでいたからかもしれない。同選手は英『BBC』にエジルに対する思いを語った。

「毎日一緒にプレイしたいよ。彼は最高の選手だ。ドイツ代表では練習も試合も全て楽しんでプレイできる。彼は世界どこにいってもチームを助けられるし、パリ・サンジェルマンにきてくれればもっと楽しめるはずさ。知っての通り僕はイングランドの何クラブかと話し合いをしたよ。しかしここにくることを決めた。自分自身が気持ちよくプレイできると思ったからね」

エジルを尊敬するドラクスラーだったが、その夢を叶えることはなくパリへの移籍を決断した。そこでエジルをパリに誘ったドラクスラーだが、 果たして2人の競演は今後実現するのだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp