ここから本文です

ドムドムハンバーガーを初めて食べた柴田阿弥「もっと早く出会いたかった!」

5/19(金) 16:55配信

AbemaTIMES

 ドムドムハンバーガーが事業売却されるというニュースが話題を呼んでいる。

 ドムドムは1970年に東京の町田市に1号店をオープン。マクドナルド(1971年オープン)やモスバーガー(1972年オープン)よりも歴史は古く、実は日本で最初のハンバーガーチェーンなのだ。

 1997年には、全国で355店舗を展開していたが、徐々に規模を縮小、現在は55店舗を数えるのみになってしまった。都内には、赤羽や練馬などに3店舗があるだけだ。今回、運営するダイエーの子会社がレンブラントホールディングスに事業を売却、建て直しを目指すという。

 店舗数こそ少ないドムドムだが、熱烈なファンもいる。それが関西を拠点にした非公式ファンクラブの「ドムドム連合協会」だ。2013年から活動しており、商品の魅力を書いた応援マガジンを勝手に出したり、「ドムさんぽ」と銘打って全国の店舗を制覇して回るレポート記事を出すなどの活動を行っているという。

 そうした活動の甲斐あってか、Twitter上では、ドムドムで食べたことをツイートするときには「#ドムさんぽ」を付けてつぶやくことがお決まりになるほど、認知度も上々。

 ドムドムハンバーガーの広報担当者は取材に対し「ドム連さんについては知っている。ありがたいこと。会社が変わってもご愛顧いただければと思う」と好意的なコメントを寄せた。

 ドムドムハンバーガーを食べたことがないという柴田阿弥はスタジオで一番人気だというメニュー「甘辛チキンバーガー」(340円)を試食。「美味しい!もっと早く出会いたかった」と感激。「CM、いつでも待ってます。“私はドムドムが一番!“」とテレビCM風に呼びかけていた。(AbemaTV/AbemaPrimeより)

最終更新:5/19(金) 16:55
AbemaTIMES