ここから本文です

巨人マギーが9回同点犠飛&延長10回決勝打! 初の借金生活回避で貯金「1」

5/19(金) 21:21配信

Full-Count

DeNAは2連敗で借金「4」

 巨人が19日の敵地DeNA戦で5-3と競り勝ち、連敗を2で止めた。2点の援護を受けた先発のマイコラスが7回に3失点して一時逆転を許したが、9回にマギーの犠飛で追いつくと、延長10回にまたもマギーが決勝打を放った。DeNAは2連敗で借金「4」となった。

 DeNA井納、巨人マイコラスの両先発ともに6回まで無失点と投手戦を展開。試合が動いたのは7回だった。巨人は2死一、二塁から長野が2点三塁打を放ち、先制。直後、DeNAもマイコラスから梶谷、荒波の連打で1死一、二塁のチャンスを作ると宮崎がセンターへのタイムリー二塁打をマークで1点差に。さらに戸柱の投ゴロの間に同点とすると、石川のセンターへのタイムリーで勝ち越した。

 しかし巨人は9回粘りを見せ、パットンから1死三塁とチャンスを作るとマギーが同点犠飛。延長10回にはまたもマギーが勝負強さを見せ、決勝の2点適時打を放った。巨人は今季初の借金生活突入を免れ、再び貯金「1」となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/19(金) 21:21
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 14:50