ここから本文です

NY株 3日ぶり反発

ホウドウキョク 5/19(金) 11:06配信

18日のニューヨーク株式市場は、3日ぶりに反発した。
アメリカのトランプ大統領の政権運営への不安から、前の日に370ドル以上下落した反動で、18日は、買い戻しが優勢となった。
また、朝方発表のアメリカの経済指標が、市場の予想より良かったため、金融株を中心に買いが広がった。
結局、ダウ平均株価は、前の日に比べて、56ドル09セント高い、2万0,663ドル02セントで取引を終えた。
また、ハイテク株中心のナスダック総合指数も、43.89ポイント上げて、6,055.13だった。

最終更新:5/19(金) 11:06

ホウドウキョク