ここから本文です

東京五輪の輸送運営計画公表

ホウドウキョク 5/19(金) 11:30配信

2020年東京大会の輸送運営計画を公表した。
東京都と大会組織委員会は18日、2020年東京オリンピック・パラリンピックの輸送運営計画を公表した。
計画では、大会期間中に、選手や関係者だけが通ることのできる専用レーンや優先レーンなど、関係者輸送ルートについて、高速道路を中心に設定し、一般道では、4車線以上の道路を優先して選定するとしている。
渋滞を避けるため、区間は限定する方針で、一般交通に支障が出ないよう、警視庁などと調整しながら、今後、区間の選定を進める。
また、大会の関係車両は、燃料電池自動車などを活用し、二酸化炭素の排出量の削減に取り組むとしている。
輸送運営計画は6月に、IOC(国際オリンピック委員会)に提出される。

最終更新:5/19(金) 11:30

ホウドウキョク