ここから本文です

中国のドローン、領空侵犯か…空自機が緊急発進

読売新聞 5/19(金) 11:43配信

 沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島沖の領海で、中国海警局の公船前方を小型無人機「ドローン」のような物体が飛行していた問題で、稲田防衛相は19日、中国による領空侵犯があったとして航空自衛隊のF15戦闘機2機が緊急発進(スクランブル)したことを明らかにした。

 ドローンの領空侵犯による緊急発進は初めて。

 ドローンは18日午前10時52~56分頃に確認された。空自は、F15戦闘機や早期警戒機なども向かわせたがドローンは確認できず、中国公船に飛行をやめるよう警告した。稲田防衛相は閣議後の記者会見で「我が国に対する深刻な主権の侵害だ」と中国を非難した。

最終更新:5/19(金) 11:56

読売新聞