ここから本文です

注意報・警報をわかりやすく 沖縄気象台がHP刷新 「警報になる可能性」も表示

5/19(金) 16:50配信

沖縄タイムス

 沖縄気象台は17日、雨や雷などの注意報・警報を、市町村単位で時系列に色分けされた表で見やすくするなど、ホームページでの情報発信をリニューアルした。「警報になる可能性」も示している。沖縄気象台は「今後の台風時期に向け、より早く、分かりやすく注意喚起を促したい」と話している。

 これまで文章で表していた気象警報・注意報を、気象や時間帯ごとに一覧表で表記。警報は赤色、注意報は黄色、最大級の警戒が求められる特別警報は紫色で表示し、分かりやすくした。

 また、警報が発令されていない場合でも、今後発令される可能性を中確率・高確率で発表し、早い段階での備えを促す。

 リニューアルは全国一斉に行われた。気象庁は7月にも、雨の降水分布情報を災害対策に生かすため、新たな情報提供の仕組みを導入するとしている。

最終更新:5/19(金) 16:50
沖縄タイムス