ここから本文です

自宅のガードマンをお願いしたい有名人、男性1位「武井壮さん」・女性1位「吉田沙保里さん」、レオパレス21調べ

5/19(金) 11:09配信

SUUMOジャーナル

(株)レオパレス21は、このたび、社会人男女を対象に「ひとり暮らしの不安・困りごと」に関する意識・実態を調査した。
調査対象はひとり暮らしをしている入社5年目までの社会人男女600名。調査方法はインターネット。調査時期は2017年5月12日(金)~5月13日(土)。

ひとり暮らしを始めてから、自分の部屋で写真や動画の自撮りをしたことがありますか?では、48.3%が「自撮りしたことがある」と回答。自撮りする際の困りごとでは、「部屋に生活感があふれ、おしゃれではなかった」が1位で、次いで「照明(光量)をうまく調整できなかった」、「顔の印象がよくなる角度がみつからなかった」の順。

外出先で留守中の自宅のことが不安になったことはありますか?では、約4割の方が「不安になったことがある」と回答した。不安になったことは、「家の施錠」(77.7%)が1位、次いで「窓の施錠」(35.5%)、「コンロの火の元の管理」(35.1%)で、自宅に何らかの被害が及ぶ事柄について不安になるようだ。

「施錠が不安」と回答した人の“その後の対応”については、「帰宅して確認した」(49.5%)と「特に何もしなかった」(48.4%)がほぼ同率。さらに、全員を対象に、不安になった場合、自宅から何分以内であれば戻りますか?と聞いたところ、「浴室・洗面所の水栓の開閉」が1位で12.9分、次いで「コンロの火の元の管理」(12.5分)、「キッチンの水栓の開閉」(11.2分)だった。

自宅のガードマンをお願いしたい有名人は?では、男性有名人1位が「武井壮さん」、次いで「岡田准一さん」、「照英さん」の順。女性有名人では「吉田沙保里さん」が圧倒的な票数を集め1位、次いで「天海祐希さん」、「北斗晶さん」の順。理由は“強そうだから”がほとんどで、スポーツ選手や格闘家は実際に強い方、俳優はドラマや映画などで警察官やSPなどの役の印象が強い方がランクインしている。他には、“怪しい人に話かけてくれそう”、“追い返すついでに更生の手助けをしてあげそう”という理由で、「松岡修造さん」も高い票数を獲得した。

ニュース情報元:(株)レオパレス21

ニュースSUUMO

最終更新:5/19(金) 11:09
SUUMOジャーナル