ここから本文です

ボン・ジョヴィ、地元ニュージャージー州の大学の卒業式にサプライズ訪問、曲を贈る

5/19(金) 20:30配信

RO69(アールオーロック)

ボン・ジョヴィがニュージャージー州で行われた大学の卒業式に登場し、卒業生たちに最新作『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』の収録曲“Reunion”のパフォーマンスを贈っている。

ボン・ジョヴィが登場した大学はフェアリー・ディキンソン大学で、ニュージャージー州イーストラザフォードにあるメットライフ・スタジアムで卒業式が行われたが、MTVUの番組でのコンテスト企画で優勝してボン・ジョヴィの卒業式への参加が実現した。

MTVUはアメリカの大学施設や学生寮などで特に観られるMTVのチャンネルのひとつ。

全国の大学生に対して、大学生活での一番の思い出についてツイートしてほしいとの呼びかけをし、最も高いリツイート数を記録した学校の卒業式にボン・ジョヴィが駆けつけることになっていた。

この結果は卒業式当日まで学生に伝えられていなかったので、ボン・ジョヴィは大歓声の中迎えられることになった。

フェアリー・ディキンソン大学の公式ツイッターの投稿は以下。
Guess what? @bonjovi is crashing Commencement! 🎸🎓 #fdugrad pic.twitter.com/M6LcEjXn6K— Fairleigh Dickinson (@FDUWhatsNew) 2017年5月16日

「誰だと思います?ボン・ジョヴィが学位授与式に突撃!」


登場すると、卒業から何年も経ってから同窓生の間で学生時代の思い出を語り合う、という内容の“Reunion”を披露し、ボン・ジョヴィは次のように学生たちに語りかけたという。

「今日という日は君たちの人生のひとつの章の終わりを示す日で、別の章の始まりを示す日でもある。この本を楽しむんだよ、君たち自身が書いてるんだから。なにがあっても必要以上にこだわってはいけない。ほめそやれても、批判されても、どちらも聞き入れて、でも、心から信じてはだめなんだ。この旅の途中ではさまざまな驚きと出会うことになるよ」

この日の出演の前にも、ボン・ジョヴィはAP通信に次のように学生たちへの助言を披露した。

「自分のこれからの将来についてどんなことを考えているにしても、とりあえずその見取り図は(あとで変えられるように)鉛筆で描いた方がいい。とにかく、旅はこれから始まるんだっていうところが一番肝心なことだね。途中で大きく方向が変わることもあるだろうし、夢にも思わなかったような展開になることもあるかもしれない。最高の旅が君たちを待っているんだ」

ボン・ジョヴィ本人のツイッターの投稿は以下。
Congrats FDU Grads 🎓We had a blast crashing your graduation! Be sure to check out tomorrow's @GMA for an inside look. #fdugrad @FDUWhatsNew pic.twitter.com/8kjArhZie2— Bon Jovi (@BonJovi) 2017年5月16日

「FDUの卒業生たち、おめでとう。突撃訪問、楽しかったよ!明日のGMA(米TV番組)で裏側が見れるので、是非チェックを」

RO69(アールオーロック)