ここから本文です

アンデルレヒトが3年ぶりのベルギー王者…久保所属ヘントはCL懸けた直接対決へ

5/19(金) 8:34配信

SOCCER KING

 アンデルレヒトが18日、3年ぶり最多34回目のベルギー王者に輝いた。

 ジュピラー・プロ・リーグ優勝を懸けたプレーオフ1の第9節が同日に行われ、首位のアンデルレヒトは敵地でシャルルロワと対戦。勝てば優勝が決まる試合で3-1の勝利を収め、リーグ制覇を決めた。

 今シーズンからレネ・ヴァイラー監督が率いるアンデルレヒトは、16チームで争われるレギュラーシーズンを18勝7分5敗の首位で終えてプレーオフ1に進出。レジュラーシーズン上位6チームで争われるプレーオフ1では第9節まで終えて、5勝3分け1敗の勝ち点「49」(レジュラーシーズンの勝ち点が半分持ち越し)で、1試合を残しての優勝を決め、3年ぶりとなるグループステージからのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。

 また、CL予選3回戦からの出場権が与えられる2位争いは、クラブ・ブルージュと日本代表FW久保裕也が所属するヘントに絞られた。2位のクラブ・ブルージュは第9節でオーステンデに1-2で敗れ、勝ち点「42」にとどまった。一方のヘントは久保の3戦連発を含む1ゴール2アシストの活躍もあり、5-2でズルテ・ワレヘムに勝利。勝ち点「41」に伸ばして、最終節を前に「1」差に迫った。 

 プレーオフ1最終節は21日に行われ、クラブ・ブルージュとヘントがCL出場権を懸けて直接対決に臨む。

SOCCER KING

最終更新:5/19(金) 8:34
SOCCER KING